只今、ブログ改装工事中です!!

肌質を良くするために男性用・女性用を問わずに洗顔料を選ぶ

「自分の肌質って他の人と比べてどうなのかな?
肌に合う洗顔料の選び方も知りたいな。」

肌の悩みは尽きないですよね。
大きく分けると4種類もの肌質がありますし。

この記事は自身の肌質を理解して、肌に合った洗顔料を使うキッカケにしてもらえるように書きました。

生活習慣の改善をすることで見違えるような肌質に変わりますし、普段使っている洗顔料を自分の肌に合う物にするだけでも、肌ストレスの軽減になります。

僕は肌質を知り、洗顔料を女性用の物に変えたことで、昔に比べて肌質が良くなりました。

肌トラブルでお悩みの方は是非、この記事を参考になさってください。

【 この記事の目的 】
自身の肌質を理解して、洗顔料を選ぶキッカケにしてもらう

目次

肌質は大きく分けると4種類

犬と男女マーク

肌の皮脂と水分の量は人それぞれ違います。
それにより大きく4種類の肌に分けられます。

【 普通肌 】
皮脂……普通
水分……普通

理想的とされる安定した肌質です。

【 混合肌 】
皮脂……少ない~多い
水分……少ない~多い
※部位により違いがある肌

部位によってケアの方法を変えないといけないため、手間のかかる肌質です。

【 脂性肌 】
皮脂……多い
水分……多い

いわゆるテカリが目立つ肌質です。

【 乾燥肌 】
皮脂……少ない
水分……少ない

カサつく肌が進行すると、ダメージを受けやすい敏感肌と言われる肌質になります。

皮脂や水分が少ないと肌トラブルの原因になりますが
実は多くてもテカリ、化粧ノリが悪くなる、崩れやすくなるといった肌トラブルが発生します。

肌質の変化・年齢肌

一般的に年齢による変化は頻繁に聞きますが、食生活の偏りや、生活習慣の乱れも肌質に影響します。

肌を清潔に保つことはもちろん、健康的な生活を心掛けることにより肌質は変わります。

不規則な生活やストレスによるホルモンバランスの崩れに思い当たるところがあるならば、それは改善するように意識してください。

ニキビはなぜできる?

本来なら肌は新しい細胞が生まれ、古い細胞と入れ替わることで健康な状態を保ちます。これはターンオーバーといい、人間には必要不可欠なサイクルです。

しかし、様々な要因が元でサイクルが停滞してしまいニキビができてしまいます。

その要因とは、上記にもある不規則な生活やストレスによるホルモンバランスの崩れなどです。

いわば交通渋滞のように、細胞のサイクルが停滞してしまいニキビができるのです。

男女での肌質の違い

男女のマーク

ここでAさんとBさんの肌質の違いを見てみましょう。

【 Aさんの場合 】
皮膚……厚みがあり丈夫
皮脂……Bさんの約3倍
水分……少ない

【 Bさんの場合 】
皮膚……薄くて繊細
皮脂……Aさんの約3分の1
水分……普通

AさんとBさんの肌質の特徴に あなたと共通する部分はありましたか?

実はAさんは男性に多い肌質で、Bさんは女性に多い肌質なのです。

これは一般的な男女の肌質の違いになりますが、あくまで『一般的』な話です。

女性寄りの肌質に近い男性もいますし、皮脂が目立つ女性もいます。

このように、単に男性が男性用の洗顔料を選んでしまうと【肌質の観点から見ると合っていない】ということが起こりうるのです。

ですから、薬局で洗顔料を選ぶ際には、男だからという理由で男性用の商品の中から選ぶのは、ちょっと待ってください!

その理由は以下のようになります。

男性用・女性用の違い

洗顔料は男性用・女性用と別れている商品が多くあります。

この違いは

【 男性用 】
しっかり皮脂汚れを落として水分量をキープする

【 女性用 】
優しく洗い、肌を守る成分でケアまでする
(成分の代表的な物として『ヒアルロン酸』)

一般的にはこのように分かれています。

男性用はガッツリと皮脂を落とすために、スクラブ(ざらざらした粒)配合の商品も多くあります。

男性用のフェイスシートを検証しました。
【全力検証】MARO(マーロ) プレミアム フェイスシート ゴールド

女性用は、低刺激で美容効果が付随した商品が多いですね。

化粧落とし後に使用することが多いため、洗浄成分が控えめな商品が多いです。

では、何を基準に選べば良いのか?下記に続きます。

洗顔料は男性用・女性用ではなく肌質で選ぶ

女性の服屋さん

いま使っている洗顔料の使用後の肌に不満はありませんか?

僕は学生時代に洗顔料を自分で買うようになり、ずっと男性用ばかりを使っていました。

運動部だったこともあり、夏にはメントール配合の物だったり、イケメン俳優がCMをしている物だったり(笑)男性用の中から選んでいました。

「イケメン俳優みたいになれると思った?プププッw」
『・・・いや、なったつもりでいたよw』

この頃は汗もよくかくし、思春期にある代謝の良さもあり、ゴシゴシ洗える物がベストでした。

しかし、大人になってから『髭剃り』という肌へのダメージ行為が加わると、洗顔後のヒリヒリする肌が気になるようになりました。

その頃にたまたま妹の洗顔料を(勝手に)使ったところ、ヒリヒリが無かったのです。

その洗顔料が高級品だった訳ではなく(妹に失礼w)
『女性用の方が肌に優しいのかも?』と気が付いたキッカケでした。

自分に合った洗顔料を使い分ける

『肌が強くトラブルとは無縁』という肌質の方は男性用の洗顔料で構わないと思います。

洗顔後の肌のカサつき、ツッパリが気になっている方は洗浄成分を優しく抑えた女性用の洗顔料を使ってみてください。高価な物である必要はありません。

または、洗顔後に化粧水を使うことをお勧めします。

お湯に触れた後の肌は一気に乾燥するので、保湿するための化粧水は効果的です。

当ブログおすすめの化粧水を紹介した記事です。
ハトムギ化粧水を使って1分で出来る乾燥対策【口コミ最強プチプラNo1化粧水】

洗い足りない、もっとしっかり洗いたい場合は男性用を使うと効果的です。

僕は夏に汗をたっぷりかいた日は男性用の物を使います。

毛穴まで攻めてくれそうな洗浄力と爽快感は男性用に軍配が上がります。

とはいえ、ワンシーズンで使い切る物でもないので、自宅には常に2種類~3種類の洗顔料があります。

その日の肌のコンディションに合わせて選べるのは、とても効果的です。

是非、男性用・女性用の枠にとらわれず、自身の肌質に合った洗顔料を使うようにしてください。

化粧水の使用、複数の洗顔料を使い分けることも効果的です。

(まとめ)肌質を良くするために男性用・女性用を問わずに洗顔料を選ぶ

男性の服屋さん

この記事のまとめ

  • 肌質の改善には生活習慣を正す
    ⇒ホルモンバランスの崩れが影響
  • 洗顔後の肌トラブル原因は洗顔料
    ⇒自身の肌質に合う物に変える
  • 化粧水や洗顔料の使い分け
    ⇒その日によって変える

いま使用している洗顔料に不満はありませんか?

毎日のことで気にならなくなっているならば危険です!『灯台下暗し』になってはいませんか?

適当に歯磨きをしているのと一緒で、少しの手間を惜しまないだけで、数年後には違いが出ます。

洗顔料を選びなおすことで、肌トラブル改善のキッカケになります。

男性用・女性用で買うのではなく、自身の肌質を考慮した上で次に買う洗顔料は選んでみてください。

人から見られる印象と、数年後の自分の肌のために、この記事があなたの行動のキッカケになれたなら嬉しいです。

ここまでご覧いただきまして、有難うございました!

当ブログ『汗っかき』では
汗に関する情報を個人で発信しています。

汗の対策/グッズ/情報/生活 など

赤ちゃんのアイコン画像赤ちゃん

また見に来てくださいね♪

\ 作者 : 上着いらず /

目次
閉じる