只今、ブログ改装工事中です!!

保冷剤で体を冷やす様々な方法

夏の外出時の暑さには毎年苦労していませんか?
自分は特に汗っかきなので、常に本気で暑さ対策に取り組んでいます。

この記事では『保冷剤』を使った
暑さ対策をご紹介していますので、注意書きも含めて是非お読みください。

市販のひんやりグッズでは納得できない
汗っかきさんにも喜んでもらえる情報だと自負しております。

自分は毎年夏になると欠かさず実践しています!

目次

保冷剤なら暑さ対策が無料でできます

氷に触れる手

ご家庭の冷凍庫に保冷剤ってありませんか?
ケーキを買った時に付けてもらうような小さいサイズから、
冷凍品が入った保冷バックに大きいサイズの物を入れてもらったり。

僕は貧乏性も相まって大量の保冷剤(大小様々)をストックしています。
これが暑さ対策には抜群に役に立つのです!!!

他に冷やす目的でよく利用される物といえば。

  • 氷・・家庭でも量産できますが、溶けると水が出ます。
  • ドライアイス・・冷たすぎて肌に触れると危険です。


それに比べると保冷剤は~

  • 繰り返し使える。
  • 溶けても水がほとんど出ない。
  • タダで手に入る(笑)


なんて素敵な事でしょう!!!四次元ポケットから出てきたとしても違和感がないくらい。
そんな保冷剤ですが、僕は様々な形で暑さ対策に利用していますので、
どのように使うかを余すことなくご紹介したいと思います。

※ハードタイプ(プラスチック製の容器に入った物)ではなく、ソフトタイプの保冷剤を使用します。

保冷剤を首に巻こう!タオルで包むだけ

氷を抱える手

小さいサイズの保冷剤を用意しまして、ハンドタオル(薄手の物が良い)
を横に広げて保冷剤を中央に置いたら、あとはタオルをクルクル巻きます。

あとは保冷剤が首の後ろにくるようにして、首にまいたら前をゴムで留めます。
首の後ろが冷やされる上、顔から流れてきた汗もストップしてくれます!!!

アレンジとしましては・・・

  • 保冷剤をタオルの手前/奥に置いて巻くかで温度調整。
  • 留めたゴムより先にタオルが垂れていれば顔の汗が拭けます。
  • 保冷剤の数を増やしてひんやりレベルアップ。

ちなみに僕は、保冷剤を首の左右にも当たるように配置して巻いています。

首にタオルを巻いて外を歩くなんて恥ずかしいと思うかもしれませんが、普段の汗でびしょ濡れになっている自分の姿を想像して天秤にかけたら首にタオルを巻く事なんて、たいした問題に思えなくなりますよ。

まずは駅の近くまでなど、人通りが多くなる前まで試してみてはいかがですか?

保冷剤を直接持ち歩いて段階的に利用する

氷をかざす手

握れるサイズの保冷剤を1個持って家を出ます。
用途としましては

  • 手のひらを冷やすために握る。
  • 顔や頬や手首に当てる。
  • 溶け始めた時の水分を塗る。

それぞれを詳しく説明していきますね。

1.手のひらを冷やすために握る。

手のひらや足の裏を冷やす事で、冷やした血液が全身を循環してくれると言われています。

しかし、握りっぱなしは血管を収縮させてしまい、身体に悪影響をおよぼす危険があるので
1個の保冷剤を右手と左手で行き来させる事で血管の収縮を抑えてください。

もしくはポケットやカバンにとりあえず保冷剤を逃すのも良いと思います。

2.顔や頬や手首に当てる。

ツバのある帽子や日傘を利用すれば日除け効果が望めますが、
どちらにしても基本は顔面ノーガード状態である方が多いと思います。
肌が露出した部分は直射日光を浴びて熱くなっているので、シンプルに保冷剤を当てて冷ましましょう。


見た目が気になる方は、ハンカチで覆い隠せば誰が見ても
【ハンカチで汗を拭いている人】にしか見えませんよ。

3.溶け始めた時の水分を塗る。

柔らかくなってきた保冷剤は全体がしっとりとしてきます。
これは水分であり、チャンスでもあります。

【気化熱】とは・・・
液体は蒸発する時に熱を一緒に連れて行ってくれます。それを気化熱と言います。

しっとりした保冷剤を露出した肌に塗る事により、
水分を帯びて気化熱を発生させてくれます。
風に当たればヒンヤリ感も味わえて、ほっと一息つけますよ。

※同じ部位に長時間あててしまうと凍傷になる恐れがありますので、適度に動かすようご注意ください。

乾きの早いインナーシャツ(メンズ)の記事は
インナーシャツ選びで汗っかき対策をしよう

保冷剤の中身は?破けたら危険?

繰り返しの使用や突起物に刺さった、踏んでしまった時などに保冷剤の中身が出てしまう事もあるかもしれません。

そんな時でもご安心ください。保冷剤の中身の99%は水です。後はポリアクリル酸ナトリウムと防腐剤、形状安定剤でできています。

聞きなれない【ポリアクリル酸ナトリウム】ですが、高吸収ポリマーと言われているおむつにも使われる、水を含むとゲル状になる分子です。
顔に使うような化粧品にも含まれているものなので、肌に付いてしまった場合でも心配はせずに、気になるようなら水で洗い流してください。

保冷剤で体を冷やす様々な方法(まとめ&注意点)

様々なサイズや形状の保冷剤が我が家の冷凍庫には溢れています。
しかし、通勤時に持って行く保冷剤は小さいサイズばかりです。

使い勝手が良いですし、とりあえずは電車に乗るまでと考えているからです。
それに決して大袈裟ではなく、凍傷の危険もありますからね。

「保冷剤を当てすぎてヒリヒリする」なんて事にはならないように
自分で試して調整をして、上手いように保冷剤を使って暑さ対策グッズとして役立ててみてください!!!

≪汗っかきではこんな記事も書いています≫

満員電車の湿度がツライ~
満員電車に汗っかきが乗りますよ
乾きの早いインナーシャツ(メンズ)~
インナーシャツ選びで汗っかき対策をしよう

当ブログ『汗っかき』では
汗に関する情報を個人で発信しています。

汗の対策/グッズ/情報/生活 など

赤ちゃんのアイコン画像赤ちゃん

また見に来てくださいね♪

\ 作者 : 上着いらず /

目次
閉じる